社員ブログ

2009年07月27日

ソフトウェアで儲けることはできるのか

ソフトウェア…って?
世の中にはいろいろありますが、結局は…

  1. 何かのデータを入力して、
  2. そのデータを加工して、
  3. 結果を出力する … だけのことです。

しかし、その出力方法等にアイデアを付加して、高付加価値の結果を出力できるなら…
儲かるソフトウェアに…?!

ところが、誰もが知っているソフトウェア、販売管理・仕入管理・会計・給与…
作業の効率化・省力化には欠かせないソフトウェアかもしれません。
しかし、いくら使いこなせても経費節約以上の効果はありません。

当社には、あるお客様のアイデアを元に開発した、業務ソフトウェアがあります。
そのお客様は、そのソフトウェアを使って全国から仕事をバンバン受注しています。
それは、そのソフトウェアを使うことで、従来の製品に付加価値が付けられたからです。
しかも、同業他社ではそんなソフトはもっていません。
そして、新たなアイデアをそのソフトウェアに組み入れ (当社も仕事増となります)
さらなる受注増 (お客様の仕事となります) へと繋がっています。

これが… 私達の目指している 業務ソフトウェア であり、お客様との関係です。
つまり、お客様とともに 「儲かるソフトウェア」 を作ることです。

市場の潜在ニーズを引き出しアイデアをシステム化することで、少しでもお客様の売上に貢献できるソフトウェアが実現できたら、こんなに素晴らしい事はありません。