社員ブログ

2014年01月08日

消費税対応(その2)

前回は請求書について考え方を書いてみました。
消費税率がシステムの設定値として用意されていれば
原則として、プログラム等の変更費用は発生しないはずです。

今回は、費用が発生するかもしれない という点についてです。
それは「総額表示の義務付け」時の対応次第ということです。

問題となるのは
税込単価を商品マスター、各種単価マスターに設定していて
そのアイテム数が多い場合です。
一括更新のプログラムや、事前に登録しておいて変更当日に反映させる
そんなプログラムが用意されていれば問題ありません。

なかった場合の対応は
・費用をかけないなら、人海戦術で乗り切るしかありません。
・費用をかけて対応する場合、できるだけコストパフォーマンスのいいものにしたいものです。

費用かける場合の注意点ですが
【1】来年も同じことが発生するので、その際に費用が発生しない仕組みにしておくこと
【2】できるだけ手間のかからない仕組みにしておくこと
【3】軽減税率も視野に入れた対応を考えるが、複雑なシステムにしないこと
【4】そして費用は安い方がいい
等を考慮する必要があります。

私は、あるお客様で1円未満の端数処理にこだわって、そのための単価マスターを
作成しているシステムを引継いでメンテナンスしています。
先日、このお客様から「消費税の対応どうなりますか?」というお問合せがありました。
(この記事を書くきっかけとなりました。)

税込単価を伝票に印字する方法として
(1)マスターには税抜単価のみ登録
   売上日により消費税率の率切替と端数処理計算の仕組み
   税込単価は計算により表示

この仕組みであれば、費用発生しませんし、手間も一切かかりません!

(2)端数処理等にこだわりマスターに設定した税込単価を印字する仕組み

この仕組みの決定的な問題点は、税率の切替日前後の作業です。
先日付の入力、過去伝票の訂正 など、税率切替日前後の税込単価を
マスターからの引用後に訂正する必要がある という事です。
その場合、作業が煩雑になるのでミスをする確率が高くなってしまいます。

今回、費用をかけるなら、
細かい端数などにこだわらず、税率変更に伴う費用が発生しないような
システムに変更されることをお勧めいたします。

尚、ご質問等ございましたら、「こちら」までお願いいたします。

2013年12月03日

消費税率アップの対応について

消費税率アップの対応について

2014年4月1日、消費税率が変わりますが、お使いのソフトの対応はいかがでしょうか?

今回は、税率の変更のみなので、ほとんどのシステムは対応できていると思います。
確認する方法は簡単です。
お使いのシステムに税率変更の画面が用意されているかどうかです。
当社のソフトは、

消費税率変更画面

の設定画面を用意しています。

お使いのソフトにこのような画面があれば、消費税対応の費用は必要ないはずです。

では、請求処理はどのように対応すればいいか 
処理手順をご説明いたします。

ほとんどのシステムの請求処理手順は以下のとおりです。
(1)得意先の「締日」と「締処理日」を指定して、請求データを集計します。
(2)請求一覧表、請求書を印刷
(3)請求の締処理

運用によっては、(3)⇒(1)⇒(2) の場合もあり得ます。

【1】全ての得意先について、3月31日で請求書を発行します。
 ・3月31日までの売上が確定した時に実行
 ・この時の税率は5%に変更。
 ・そして、締処理を行う。
 ・末締の得意先は通常の請求処理ですが、他の締日の得意先の請求書は保存しておく。

【2】4月以降の請求処理の時、(税率は8%)通常通りの請求処理を行う。
 請求書は4月1日以降の明細が出力されます。
 例えば、10日締の得意先の場合
   【1】の処理で、3月11日~3月31日の請求書が作成される(税率5%)
   【2】の処理で、4月1日~4月10日の請求書が作成される(税率8%)

以上の処理で対応可能です。

納品書に消費税を印字している場合(伝票単位の消費税計算)、若干煩雑かもしれませんが
当社のように切替日が入力できれば問題ありません。

消費税率変更画面

お問い合わせは ⇒ こちら から

2009年09月03日

POTを使った自動発注システム(Access2007)

先月末にパン製造販売会社様のレベルアップ業務が完了しました。

こちらは販売店を何十店舗が抱えていらっしゃる製造販売会社様で、商品が飲食物というだけに、店舗内で在庫を抱えるということができず、その日販売する分は本社工場で当日生産するという形をとっており、店舗から本社への発注は毎日の業務となっております。

今回のレベルアップの改善点は店からの発注処理

以前は手動でFAXされたものを、本社社員がパソコンに入力し、プリントアウトされたものを発注店舗にFAX返信し、確認を取るという作業を行っていました。

【レベルアップ前の発注処理システム】

パン製造販売会社様の発注処理システム(改善前)

これをPOTを使って、大幅な自動化に成功。
また店舗内での入力業務も、商品一覧をバーコード化し、それを読み込み、発注個数を入力していくとかなり簡素化され、簡単に発注業務ができるようになりました。
入力されたデータはそのまま本社へオンライン送信。
本社のパソコンが自動でデータ取り込みをして、FAXを店舗に自動返信します。

【レベルアップ後の発注処理システム】

パン製造販売会社様の発注処理システム(改善後)

データ入力が間違えていれば、店舗スタッフがそれを修正し、再度データ送信。
本社社員が発注業務に携わる必要は一切ありません。
介入する社員の数が減ると、コスト削減や伝達ミスも大幅に軽減されます。

【今回使用したPOT ALF ARK-400】

ALF ARK-400 POTシステムに使用

【POTのシステムメニュー画面】

発注システムのPOTメニュー画面

メニューも少なく、使いやすいシステム設計になっています。

「グローバルシステムズ」は業務システムの開発を得意としております。
業務のことでお悩みでしたらまずはお気軽にご相談ください。

2009年07月29日

オーダーメイドシステム開発なら特殊なディスプレイにも対応

オーダーメイドシステム開発なら特殊なディスプレイにも対応

最初の感想は

でかっ!!なんぞこれ!?

でした。

さてさて、来月業務システムと共に納品予定のこちらのディスプレイ。

お客様の強い要望で、このデカディスプレイでのシステム開発となりました。

普通の倍はあるディスプレイの半分だけを使って業務システムを起動させるのだそうです。
PDF帳票を上の画面で見ながら、下で入力作業。
しかもそれを2台つなげて、1人で計4つの作業が同時にできるようにしたいのだとか!?

なんという圧巻!

まるでディトレーダーのような業務っぷりではありませんか。

さすがに精鋭ぞろいのグローバルシステムズでも、3画面同時進行を行うエンジニアはいても、4画面同時に作業したいという者はおりませんでした。

エンジニアの我々も脱帽でございます。

実際に稼働した際には、どのようなお仕事っぷりなのか、ぜひ一度拝見したいものですね

グローバルシステムズ」ではこのような個性あふれる要望にもお応えします。
斬新楽しいシステム作りのご依頼、首を長くしてお待ちしております。