社員ブログ

2013年12月26日

源泉徴収票で確認しておきたいこと

源泉徴収票

詳細な説明は専門家に任せるとして、「ここだけはチェックしましょう」について説明します。
まず、大原則から。
【1】所得 = 収入 - 経費          収入=上図の(1)、所得=上図の(2)
【2】課税所得 = 所得 - 所得控除      所得控除=上図の(3)
【3】税額 = 課税所得 × 税率        税額=上図の(4)

詳しくは、http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/02_1.htm#img05

(1):支払金額 (年収のこと)
  会社から支払われた給与の総額で、そこからささやかな非課税分(交通費等)を差引いた金額
  非課税分の詳細は http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2508.htm を参照。

(2):給与所得控除後の金額 (所得のこと)
  (1)の金額-経費で計算されますが、給与の場合は収入によって経費が決められています。
  http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm を参照。
  ただし、(1)の金額が660万円未満の場合には、
  所得税法別表第五(年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表) の表で計算します。

(3):所得控除の額の合計
  扶養控除、社会保険料、生命保険料、・・・等
  http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm これだけの控除があります。
  該当する控除額の合計が計算されています。

(4):源泉徴収税額
  (2)-(3)=課税所得 を計算して、その金額に税率を掛けて計算したものです。
  http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm を参照。

  以上が前提となる基礎知識です。

源泉徴収票をもらったら以下の事を確認しましょう。
(ア)源泉徴収税額((4)のこと)
   ここが「0円」なら、還付申告(医療費等のため)ができません。
   税金が徴収されていないので、還付金は発生しないからです。

(イ)扶養等の確認
   扶養等は1年前に提出された資料に基づいて計算されています。
   扶養から外していた子供が退職して扶養になった・・・のような場合、還付申告すれば税金が還付
   されます。

(ウ)社会保険料等の確認
   子供の年金や国保の保険料を支払っていて、年末調整の時提出するのを忘れていた場合など。
   還付申告すれば税金が還付されます。

(エ)配偶者特別控除の確認
   年末調整の資料を提出する時には、配偶者の所得が確定していません。
   予想額と違っていた時(特に少なかった時)は再計算してみましょう。
   https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm を参照。

(オ)年末調整されているかどうかの確認
   年末調整前に退職された場合など、年末調整されていない場合は、ぜひ税計算を実行してみてくだ
   さい。
記載されている源泉徴収税額より、計算結果が少なかった場合は、還付申告すれば税金が還付されます。

コメント

コメントフォーム