社員ブログ

2009年11月17日

1本の幸せ

HARAです。
私は、自転車で通勤しています。

ここのところ、めっきり寒くなってきて、ネックマフラーを出したりと冬仕様になってきています。

自転車を置いた後、自動販売機で缶コーヒーを買うのですが、
その缶コーヒーで暖を取るときの幸せなこと!

缶コーヒーカフェラテ

かじかんだ手で、ずっと握っているには少し熱いくらいの缶を、
右手に持ち、左手に持ちしながら、パソコンの起動を待っている。
「幸せ」というのは大袈裟かもしれないけど、妙に嬉しい時間ではあります。

どなたかが早めに来られて、部屋が温まっていると、更に嬉しさアップです。

そんな毎日の1本の他に、たまに寄るコンビニエンスストアで新製品を発見することも楽しみとなっています。
店に入るとまず飲料水の所に突進。
さっぱり系の新製品を見つけると、即、カゴに突っ込んでしまいます。
買って帰ってもすぐ飲むわけじゃなく、しばらく冷蔵庫に入れて、扉を開けるたびニンマリな気分を楽しんでいるようなこともあります。

だって、コンビニエンスストアの商品の入れ替えは早くて、暫くすると、定番になれなかった製品は無くなってたりするのですから。

無くなったときに、「買ってるもんね」「飲んだもんね」ってのもまた、幸せなんです。

そして今は、
伊藤園 Teas' Tea,NEW YORK
http://www.teastea-ny.jp/
ペットボトルと、ティーバックと、粉末スティックの展開が面白くて気になっています。

「世界のキッチンから」
http://www.beverage.co.jp/kitchen/
の製品は、新しい味を体験できます。

ほどよく間を空けて通うと、見つけた時の一瞬の「!」が大きくなるのが、また楽しいのです。

コメント

コメントフォーム